〒761-8074 香川県高松市太田上町1060-11 太田第一ビル

TEL(本館):087-880-4159

TEL(別館):087-880-8262

(TELはまず本館におかけください。不在の場合は別館にお願いします)

営業時間:平日 13:00-22:00,土日祝 9:00-18:00

© 2016 HOP Inc.

  • Onuma

永遠のテーマ・計算ミスの撲滅



こんばんは。

今回は受験生にとって永遠のテーマである

計算ミスを無くすにはどうすればよいか?

について,個人的な見解をお話しします。

数学は残酷なもので

どれだけ途中の計算式や考え方が正しくても

最終的な答えが違うと大幅に減点されたり

センター試験のように

答えしか書く必要のないテストだと

0点になることもしばしば。

理不尽に思うかもしれませんが

最終的な答えを間違うということは

詰めが甘いということでもあるわけで

それもそれで能力の一つですよね。

それとは別に

元々計算ミスをしにくいタイプの人もいれば

計算する度に必ずどこかでやらかすタイプの人もいます。

これは性格や先天的なところに原因があるのでしょうか?

・・・と

そんな身も蓋もない事を言っては話が前に進まないので

私が今までの経験上

こうすれば少しは計算ミスを防げるのではないか

と思う事柄をいくつか紹介します。

まず計算ミスが起こるのは

以下の3つのうちのどれかに原因があるのでは思っています。

① 計算力

② 性格

③ 集中力

① 計算力

もうこれはそのままです。

暗算や筆算に強いと

やはり計算ミスは起こりにくいでしょう。

特にそろばんをガッツリやっていた人は有利ですね。

② 性格

とはいえ

計算力ですべて話が済むわけではありません。

計算が遅くても速くてもいいのです。

大事なのは

自分の計算力や癖を自覚しているかどうか

です。

「自分は計算が遅い

 だから計算の仕方を工夫しよう」

「自分はせっかちだ

 だから途中の式を細目に確認しよう」

「自分は驕りやすいところがあるから

 無暗に途中の式を飛ばさないようにしよう」

といったように

誰にでも長所・短所はあるわけで

その短所を自覚し

それをどう押さえるか

という考えが必要になります。

したがって

①よりは②のほうが遥かに重要です。

ただ,自分の癖やミスを犯すパターンは

なかなか客観的には把握しずらいものです。

そこで,本当に計算ミスを改善する気があるのなら

「計算ミスノート」

を作ることをオススメします。

方法としては単純で,

計算ミスをした場面を

ただただノートに書き写すだけでOK。

一時流行った

「レコーディングダイエット」や

単に家計簿とかとも同じ原理で,

記録をし,見返すことで

客観的に自分の状態を把握するわけです。

今まではなんとなく問題を解いていたけど

実はこんなにも同じミスをしていたのか・・・

と思うことになるでしょう。

それが,状況を好転させる第一歩になるハズです。

③ 集中力

そして

やはりこれが最も重要でしょう。

しかし,①や②で培った経験や練習の成果を

本番で十分に発揮できなければ

意味はありません。

また,人間というのは悲しい生き物で,

一度答えを書いてしまうと

見直しをしてもなかなか間違いに気づきません。

したがって,集中力がとても大切なのですが,

特に「一発目」の集中力!

これがとても大事!

(「一発目」とは,

初見の状態で問題を解くときのことです)

よく

「さっさと問題を解き終えて

見直しの時間を確保せな!」

という生徒を見かけますが,

素早く解いたけど精度が悪いって最悪でしょう。

それなら

ゆっくり解いたけど書いたとこ全部合ってた

のほうが遥かに良いです。

サッカー選手の遠藤保仁選手の名言で

「正確なプレーが最も速い」

ってのがあります。

ほんまそれですわ。

ということで

以上が計算ミスに対する私見です。

もちろん

人によって計算時における症状が少しずつ違うはずなので

「どうしても計算ミスの原因がわからん!」

という方は是非一度お話をしにいらして下さい。

#受験数学

40回の閲覧