• Onuma

場合の数・確率について



2日連続で受験数学記事投下です。

本日のお題は「場合の数・確率」です。

この分野も苦手な人は非常に多いと思います。

何を隠そう、高校時の僕も

この分野は本当に嫌いでした。

高松高校の実力テスト(高1,2)や

校内模試(高3)はとても難しく、

高3の夏に必死で勉強して臨んだ

校内模試の数学が、

150点満点中4点だったのは

本当にショックでした。

その際、第1問が確率の易しめの問題で、

割とみんな取れてたんですね。

しかも、それを取るだけで平均前後ぐらいまではいくわけで

(当時、校内模試の平均は35/150ぐらいでした)、

その問題を(1)の部分点しか取れなかった僕は最早、

死に値した存在だったわけです。

それぐらい確率はダメだったんです。

さて。

ではなぜ、当時の僕も含め、確率はみんな苦手なのでしょう。

理由は、ズバリこれだと思います。

「状況把握が下手だから」

場合の数・確率の問題では様々な設定が登場します。

さいころを振ってみたり、コインを投げてみたり、

人を並べてみたり、果物を買ってみたり。

他にもまだまだあるわけですが、

苦手な人はこういう設定にまんまと騙される。

これではどれだけ問題を解いても上達は見込めません。

この分野の苦手意識を少しでも無くすには、

「問題一つ一つと向き合うこと」

が非常に大事であると考えます。

これはこないだの「図形問題」における克服法とは真逆です。

「一つ一つと向き合う」とはどういうことか。

それは、たとえば

「これらは区別があるのか、ないのか」

「すべての場合は同様に確からしいのか」

「求めるのは全体の中のどの部分か、

 余事象を利用したほうが早いのではないか」

「nPrやnCrの正しい意味は何か」

「反復試行のnCrの部分の意味は分かっているか」

などです。

もちろん他にも重要なことはありますが、

今、例に挙げたもののうち、一つでも

「?」

と思った人は、

そのまま応用問題に進むのは危険です。

逆に、こうして一つ一つと向き合うことが出来れば

少しずつ本質的な部分が分かってくることでしょう。

そうすれば、様々な問題設定に惑わされることはありません。

ということで、

少しでも苦手な方のお役に立てばと思います。

#受験数学

156回の閲覧

最新記事

すべて表示

数Ⅲの勉強の仕方(初心者編)

こんばんは。 と言ってる時点で何時に記事を書いてるかバレバレですね。 今日は、理系の受験生が避けては通れない 「数学Ⅲ」についてお話ししたいと思います。 数Ⅲは、 理工系を志望したり、 より難易度の高い大学を志望したりすると、 2次試験での登場頻度が格段に上がります。 まぁ当然ですね。 大学入学後、確実に必要になる分野ですから。 しかしながら、 「Ⅲ」は「ⅠAⅡB」とは難易度も量もまるで違うため、

〒761-8074 香川県高松市太田上町1060-11 太田第一ビル

TEL(本館):087-880-4159

TEL(別館):087-880-8262

(TELはまず本館におかけください。不在の場合は別館にお願いします)

営業時間:平日 13:00-22:00,土日祝 9:00-18:00

© 2016 HOP Inc.