• Onuma

マナー



将来展望型学習塾HOP(高松太田)マナー

今日はいつもと趣向を変えて。

僕が小さかった頃と比べて、

昨今のテレビ番組は面白い番組が減ったなぁ

と思ってしまうわけですが

(あくまで個人的感想です)、

そんな中、テレビ朝日の

橋下×羽鳥の番組

は割とお気に入りの番組の一つです。

この番組はいわゆる討論形式の番組で、

「朝まで生テレビ」より

もっと取っ付き易い感じです。

先日の放送では、

2ちゃんねるの創始者である

「ひろゆき」氏が出演し、

杉村太蔵氏とトークバトルを

繰り広げていました。

その中で、杉村氏がひろゆき氏の

番組出演時の服装

(アンダーシャツの上にラフなシャツ、ハーフパンツとクロックス)

を指摘する場面があったんですが、

当人はまったく気にしていない様子。

それどころか

「スーツでもそうでなくても言う内容は変わらない」

とか

「他人に迷惑かけなければいいと思ってる」

とか言う始末 笑

これに、杉村氏は唖然。

僕も昔は

「〜すべき」「〜であるべき」

などのような「べき論」で頭の中が支配されていましたが、

最近はいろんな考え方があるんだなと思うようになりました。

だから別に賛成でも反対でもないんですが、

ただ一つ思ったのは、この「べき論」というのは実は

生き方のマニュアルなんじゃないか

ということです。

日本人の国民性には、

大多数の意見にとりあえず合わせておく

みたいなところがありますよね。

そうすれば周りから浮くこともない。

それがいつの間にか「こうあるべき」というところまで変化し、

少数派のすることに違和感を覚えるのかなと。

でもじゃあなんでマナーや風習を守る必要があるか

と少数派に言われると、意外と答えられないんでしょうね。

盲目的に信じてしまっている部分が少なからずあるからです。

ひろゆき氏のような人は、

そういう根拠のない事や納得のいかない事を

ただただしたくないだけなのかもしれません。

(もちろんすべてのマナーや風習に根拠がないと言ってるわけではありません)

そう考えると、

マナーや風習を守る人は生き方としては受動的で、

そういうのを気にしない人は結構能動的に生きてる?

と思うに至りました。

もちろん今のはかなり極論ですけど。

今は自分からアクションを起こしたもん勝ち

みたいな世の中になっていますが、

実は「勝ち組」になるのはそんな少数派なのかもしれません。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示