• Onuma

秋に陥る落とし穴



将来展望型学習塾HOP(高松太田)秋に陥る落とし穴

この時期、

受験生にとって陥りがちな罠があります。

それは

「夏に勉強した成果が出てない!」

と思い込んでしまうことです。

多くの受験生は夏休みに基礎からやり直し、

分かることが少しずつ増えてきたと思います。

そして

自信満々に学校の校内テストや校外テストを受けてみると・・・?

「あれ、全然点数上がってないやん・・・

 夏にあんだけやったのに・・・」

これにはいくつか原因があります。

原因その1:まだまだすべての範囲を網羅できたわけではない

範囲が狭いテストなら別ですが、

今まで習った全範囲が対象のテストだと、

勉強が不十分な箇所も出題されます。

ここが出来なければ、そりゃ点数は出ないでしょう。

しかし、そこは問題ではありません。

大事なのは

「勉強した範囲の問題は解けたか」

です。

この部分から点数を獲得できなければ、

それはオオゴトです。

早急に勉強方法を再検討しましょう。

原因その2:実戦的な問題に慣れていない

文系科目であれば単語や文法、頻出語句を覚えたり、

理系科目であれば原理や考え方を習得したりして、

少しずつ実力はアップします。

しかしながら

「理解すること」≠「点数をとること」

なんです。

テストで点数を取るためには

「テストの出題形式を知る」

「時間配分や解く順番を工夫する」

「採点者のクセを知る」

など、勉強というよりも戦略が大事になってくるんですね。

とはいえ、これは本質的な問題ではありません。

確実な実力がつけば、すぐに点数が取れるようになりますから。

ということで、

主に2つの原因を取り上げましたが、

「原因その1」が大半を占めています。

つまり、夏休み頑張ったぐらいで基礎は完成しないよ!

ってことです。

中学生は3月まで、高校生は1、2月まで

諦めずに粘り強くやることが肝心です。

#受験勉強

99回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示