〒761-8074 香川県高松市太田上町1060-11 太田第一ビル

TEL(本館):087-880-4159

TEL(別館):087-880-8262

(TELはまず本館におかけください。不在の場合は別館にお願いします)

営業時間:平日 13:00-22:00,土日祝 9:00-18:00

© 2016 HOP Inc.

  • Onuma

模試の受け過ぎに注意!



秋の風が吹きつつある中,

受験生にとって

一つの悩みどころは

模試の受け方

でしょう。

この場合の「受け方」とは,

〇模試は何回受けるべきか

〇どんな模試を受けるべきか

を指すものとします。

※「模試は何を目的として受けるべきか」

 については,

こちらの記事を参考にして下さい。

模試は何回受けるべきか

そもそも,全体的に模試は年に何回ぐらい

受けるべきなのでしょうか。

おっと,その前に。

大学受験の場合,模試の解答形式は

大きく2種類に分かれています。

マーク型(センター向け)

記述型(国公立大2次試験向け・私大向け)

です。

この2種類の模試を

どのぐらいの頻度で受けていくと

良いのでしょうか。

まず,まだまだ発展途上の受験生

(判定で言うとC~Eレベル)の場合。

マーク模試は

8月までで1回(多くて2回)

9月以降は2回(多くて3回)

記述模試は

年に2回

で十分です。

むしろ,これより少なくても良いぐらいです。

それはなぜか。

「テスト受けてる暇があれば勉強しろよ」

だからです。

模試は,いわば力試しです。

力が無い人に試験を受ける意味はありません。

そんなことに労力を費やすぐらいなら

一つでも多くの単語を覚え,

問題を解く方がよっぽどためになります。

次に,ある程度志望校に太刀打ちできそうな受験生

(判定で言うとA~Cレベル)の場合。

マーク模試は

8月までで1回(多くて2回)

9月以降は最低2回,月イチペースでも可

記述模試は

年に2回,大学別の模試があれば最低1回

あたりが望ましいです。

この状況は,現役生よりも

僅差で昨年度志望校を不合格になった浪人生に

当てはまりやすいかもしれません。

次の受験で確実に受かるために,

今の自分の実力や全国的な順位を把握し,

日頃の勉強に役立てていく

ペースメーカーのような役割になります。

以上から,まだまだ力が足りないと

自覚している受験生,特に現役生は

学校で必須指定されている模試以外は

極力受けないようにしましょう。

どんな模試を受けるべきか

次に,受けるならどんな模試が良いのでしょうか。

少し長くなりそうなので,

これは次の記事で紹介することにします。

#大学受験

134回の閲覧