top of page
  • 執筆者の写真Onuma

香川県公立高校入試のしくみ ~点数で見る「志望校合格」の条件~

※この記事は、HOPのメルマガで配信された「中学生の保護者さま必見!香川県公立高校入試のしくみ」に関連するものです。

下記の記事をまだお読みでない方は、先にそちらをお読みください。





さて、「学力試験」と「内申点」について一通りご説明しましたが、実際のところ、志望校に合格するためには何点取ればよいのでしょうか。


下の表は、香川県内の一部の公立高校について、学力試験と内申点の「安全圏」をまとめたものです。

ここでの「安全圏」とは、「この点数を取っていれば十分合格できるでしょう」という意味だとします。

(下の表をクリックするとpdfファイルが開きます)



㊟この数値は、あくまでHOP独自の指標です。絶対的なものではありませんし、数年単位で少しずつ点数が変化していきます。




最も重要なのは「学力試験」と「内申点」の合計点

 

公立高校合格において、最も重要なのは「学力試験」と「内申点」の合計点です。


「〇〇高校は内申点が大事」とか「△△高校は内申点をあまり見られない」のようなウワサがよく出回りますが、学力試験の1点も内申点の1点も、同じ1点です。


どれだけ学力試験、または内申点が良くても、合計点が先ほどの表の数値を大きく下回ると合格は難しいでしょう。




「安全圏」に届いていなくても合格する可能性は十分ある

 

とはいえ、「安全圏」に「わずかに届かない」程度なら、合格する可能性は十分にあります。

それは、この数値がいわば合格者の中の「ド真ん中」の値だからです。


実際、この点数よりかなり低い点数でも合格する場合があるのですが、それは各年度の入試の難易度や、各高校の倍率にもよるため、一概に「何点」とは言えません。

(HOPでは「リアルな合格最低点」を算出し、進路指導に生かしています)




注意:合計点が「安全圏」に達しても不合格になる場合が!

 

上述したように、合格するのに最も重要なのは「合計点」です。


ただし、合計点が「安全圏」に達していたとしても、「学力試験」「内申点」のいずれかが極端に悪い場合、不合格にされることがあるのです。


このことから、香川県内の公立高校は、比較的「バランスを重視」して合格者を決定していることが分かります。

したがって、「学力試験さえ良けりゃいいや」とか「学校でマジメにやってるから診断テストとか頑張らなくてもいいでしょ」と思うのはやめましょう。




その他のお困りごとは気軽にご相談ください

 

多くの保護者さまにとっては、高校入試にしても大学入試にしても、分からないことだらけだと思います。


我々がこれまでに経験したことが、HOPに通うお子さまやその保護者さまだけでなく、もっと多くの方に共有できれば、それが最も素晴らしいことだと考えます。


入塾するつもりがない場合、入塾説明等は一切行いませんので、お子さまについて何かお悩みなどございましたら、ぜひ気軽にお電話またはwebからお申し込みください。


本館 087-880-4159(主に小・中学生)

月~金:16:00 ~ 22:00

土:9:00 ~ 18:00


別館 087-880-8262(主に小学生・高校生)

月~金:10:00 ~ 22:20

土:13:00 ~ 22:20

閲覧数:235回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page