top of page
  • 執筆者の写真Onuma

高2生は模試の判定で「A~E」のどれだったらいいの?


高1の頃はほとんど気にしていなかった「模試の成績」ですが、高2になってくると少しずつ気になりますよね・・・


今回は模試の成績の中でも特にインパクトの強い「判定」について説明したいと思います。




模試の判定は志望校の合格可能性を表している

 

進研模試などの成績表に書いてある「A~E」のアルファベットは、志望校の「合格可能性」を表しています。

「A」は合格可能性80%以上を意味し、「B」は60~80%、「C」は40~60%、「D」は20~40%、「E」は20%未満です。



神戸大学なら「E」でも合格可能性アリ!

 

もしあなたが神戸大学を志望している場合、高2の1月にある進研模試で「Dに近いE」なら十分合格の可能性があります。

なぜなら、学力は下のグラフのような上がり方をするからです。

高3の11月のマーク模試で「E」だとしても、12月、1月で学力が急上昇する受験生を我々は山ほど見てきました。



香川大学なら「C」取れてないとキビシイ

 

ただし、それが香川大学なら話は別です(医学科は除く)。

中堅国公立大学で判定が「E」ということは、「勉強の仕方がまるで分かっていない」状態だからです。

「勉強の仕方がある程度分かる」状態になるまで、最低でも3か月はかかります。

その3か月を、高3になるまでに済ませておくことが必要なんです。



あなたはどこを志望していますか?

 

その他の大学(学部・学科)について知りたい方は、下記の表を参考にしてみてください!

早めに手を打てば、十分合格のチャンスあり!



○地方国公立大学群

志望校

高2・1月

高3・11月

香川大(医学科除く)

C

B

香川県立保健医療大

C

B

岡山大(医歯薬除く)

D

C

広島大(医歯薬除く)

D

C

愛媛大(医学科除く)

C

B

徳島大(医歯薬除く)

C

B

高知大(医学科除く)

C

B

山口大(医・獣医除く)

C

B



○難関大・難関学部

志望校

高2・1月

高3・11月

旧帝大

Dに近いE

D

地方国公立大・医歯薬

Dに近いE

C

神戸大

Dに近いE

D

横浜国立大

Dに近いE

D

筑波大

Dに近いE

D

地方国公立大・獣医

Dに近いE

C


​​​​※上記の表の「判定」は「最低ライン」です。「最低ライン」を超えていても不合格になる可能性はありますので、十分注意してください。

※模試の解答形式が「マーク型」か「記述型」かでも判定の出方は変わります。

※「高2・1月」は、高校2年次の1月に開催される「進研模試」を表し、「高3・11月」は、高校3年次の11月に開催される「駿台・ベネッセ共催マーク模試」を表します。

※「旧帝大」は、北海道・東北大・東京大・名古屋大・京都大・大阪大・九州大の7つの国立大学群を指す通称です。



さらに詳しいお話をお聞きになりたい場合、こちらの「お悩み相談フォーム」に大学名や学部・学科等をご入力ください。


閲覧数:80回0件のコメント
bottom of page